アナログさんでも5分でできるかんたんスマホ集客法

menu

かんたんスマホ集客|アナログさんでも5分でできるかんたんスマホ集客法

大阪市飲食店経営|W様のご相談内容

記事がお役に立ちましたらポチッとお願いいたしますm(_ _)m



今回のご相談は大阪市内で洋食店を

経営されているW様へおジャマし、ご相談を

お受けしてきました。

 

W様はクライアント様のご紹介で

8月にオープンされたばかりで

今後の集客にweb(インターネット)を

活用されたいとの事でした。

 

現状はfacebook、アメブロなど

アカウントは作成し、何記事かは投稿しておられました。

 

しかーし!

ここで注意!

以前にもお話したと思いますが

facebookを利用するときは

「個人」のアカウントと「商売用」を

分けて活用するのが理想とされています。

 

基本的にfecebookの「友達」というのは

規約上「見ず知らずの人の申請は受け付けない」

という感じの内容になっています。

(ころころ変わるのでその時々で規約を確認してくださいね)

 

で!

理解しておきたい大事なこと

告知の範囲が限られている」という事

あなたがお店やビジネスの告知などを

された時、その告知を見ることができるのは・・・

・facebookの会員

・fecebook内の「友達」

・fecebookの会員であなたをわざわざ探して来てくれる人

 

たとえばfecebookのお友達が30人の場合

あなたの告知を知ることができるのはMAXで30人

プラス+あなたの事を探して見に来てくれた人です。

 

この事はご存知でしたか?

お友達が何千人もいる方なら

ある程度の効果はあるかもしれませんが

基本的には効果がゼロとは言いませんが

非常に薄いと理解してください。

 

そもそもfecebookをされている方を

見ればわかると思いますが

写真でもプロが撮影したような

写真を使用している方が多いでしょ?

 

そうなんですよ

みんな自分を売り込みたいのです

ですので人の宣伝には基本興味がないのですよね

 

商売目的なのにイラストとか

犬の写真とか使用している人が

いますがこれはもう論外ですね。

 

色々な方をお話をさせて頂くと

このあたりを理解されていない方がほとんどなんですよね

「みんなやってるからやってみたけど・・・」

今回のW様も個人のアカウントでお店の情報を

発信されていました(^^ゞ

 

違和感は感じながらも少しづつ更新はされていたそうです。

でも今回一連のお話をさせていただいてやっと

モヤモヤが払拭されたみたいです^^(良かった)

 

今後はfecebookページを作成されて

そちらでお店の情報は更新していただくよう

アドバイスさせて頂きました。

※fecebookページの作成方法は

こちらをご参考にしてください

http://wp.me/p430Ly-4p

 

 

fecebookページというのは

一般的なホームページと同じ役割を果たします

つまりfecebookの会員とか会員じゃないとか

友達とか友達じゃないとか関係なく

不特定多数のネットユーザーに情報を提供できます。

 

先ほどの例でいうと

どう頑張っても30人のお友達プラスα数人しか

告知できない所で告知するか?

それともネットユーザー何百万人

告知できる可能性があるほうへ告知するか?

 

あなたならどっちですか?

 

ふむふむ。そうでしょう

商売されているかたなら当然後者でしょう。

 

田舎の人口1000人ぐらいのところへお店を出店するか? 

毎日数万人が行ききする大阪の梅田に出店するか?

これぐらいの違いがありますよ。

 

リアル店舗では立地によって経費がかかりますが

ネットならみんな同じ土俵です。

可能性は平等に与えられているのです

 

この事を理解しただけでも

ご自身の「ビジネスに活用できそうだ」

と思いませんでしたか?

 

あなたもインターネットを活用したい!

と思っておられたらまずはブログなどで

情報を発信するということを始めてください。

 

「ブログを書く」

商売用のブログにプライベートな情報は全く必要ないので

できれば書かないでくださいね。

 

どこのブログサービスがいいのか?という事などは

またの機会に解説したいと思います

 

ご質問などございましたらお気軽に↓

 



ご不明な点はいつでもご連絡ください。


記事がお役に立ちましたらポチッとお願いいたしますm(_ _)m




店舗集客に関する最新情報をご希望の方は
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こんな記事も読まれています

  1. 新しいLINE@はすごく簡単に作成できます。

  2. Evernote使ってないんですか?

  3. プロフィール

ポチッと応援が励みになりますm(__)m

LINE@最新情報配信中!

Twitter でフォロー